上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
仕事がまだ破滅的には忙しい時期でないこともあって、少し余裕があるので
Twitterで突発的に『一日一枚何でもいいので描く』ということを始めた。
web用の小さいサイズ、かつ簡潔な色塗りながら一時間程度かかってしまうが
飽き性を直すためにも継続していこうと思う。
今回は絵が溜まってきたのでオリジナルのみ掲載させて頂く。

あぜさん
いつものエルフ耳おねーさん。描いた当日嫌なことがあったらしく
「そうかそうか、君はそういうやつなんだな」といった顔をしている。
単にそういう嘲笑めいた表情が好きなだけかもしれない。

らくらくん
名前が決まらなさすぎてブレまくった蜘蛛男。
けっきょくアラクネ→ラクネ→ラクラという適当な命名となった。
服装も未だ確定できてないので、たぶん気に入るまで描くと思う。

よだかちゃん
一年に一度くらいの割合で描いてる気がする水色ヘアのおんなのこ。
ツイッターでも言ったけど、ヨダカという名前は本当にカワイイと思って付けたので
江戸時代の娼婦(ヨタカ)という意味だと知ったときはかなりショックだった。

いっちゃんよ
エルフ耳より頻繁に描くせいで飽きられている気がしなくもない沼人魚。でも好き。

あらくん
美少年を描きたいなあ、と思って描いた丸耳獣人。
イケメンになれているかどうかは自分ではわからない。
気を抜いたら十~二十代の女の子しか描かなくなってしまうので
定期的にお兄さんキャラは描いていく必要がありそうだ。
 
前々からアプリとはいえヤンデレ系BLゲームに手を出し始めていたので
そろそろ何かやらかすだろう、腐り始めるだろうと
予知していた方もいらっしゃるかもしれないが
案の定タイトル通りのPC18禁ゲームをプレイしていた。
新しい四文字熟語として覚えられそうなインパクトのあるタイトル通り
まさに下種の極みな拷問シーンが続出するものと踏んでいたが、
美少年と全裸で朝チュン、という画期的な始まり方をしつつも
特定ルート以外は案外まともなストーリー展開だった。

『鬼畜眼鏡』が2007年、続編『鬼畜眼鏡R』が2009年発売と
少し前の作品ではあるが、有名なだけあって素直に面白かった。
聞くところによると未だ有志による薄い本が製造されているそうで、
それらを買い占める女子達の気持ちが理解できた気がした。

個性豊かなキャラクター揃いで、いろいろ思うことがあったので
ネタバレ満載で書き記しておく。いつもながらキャラ萌えが偏っているうえ、
想像より長くなったので今回は攻略対象キャラ四人のみ。
秋紀、Mr.R、主人公ズ(実質一人)はまた今度。
業の深い方のみ暇つぶしにご覧ください。

 
ちまちま描いていた絵が完成したので、広告消しついでに掲載。

すがたえ

今まで露ほども話題にしなかったけれど、我が家には現在二体の
ボークス製スーパードルフィー……要するに手頃な価格の
(基本的に五万円以上はするが)球体関節人形がおり、
顔のタイプが両方F-29、かつ男女ペアなので一回描いてみたくなった。
買った時期および製造ナンバーに差があるものの
面は同じなので双子でいいだろ、と言い張ってやっていく。

自分で撮った写真をもとにして衣装を捏造したはいいものの、
肝心の球体関節部分をまるごと手袋等で隠してしまい
単なるキャラ絵に成り下がったせいか
今まで掲載した中では圧倒的不人気を誇っている。
仕上げてみて分かる失敗というものが多すぎる。
 
ブログが止まって三ヶ月、特に何も起きておらず安定と信頼のぼっちライフを満喫している。
時間がない割に休みも足りないとなると、月曜日早朝などはもう空気すら入れる気のない紙風船、
精神的ニート、働きたくないでござると脳内連呼のろくでもない体たらく。
今迄のパターン上、絶望の中こそ絵を描くモチベーションがあるので決して悪いことばかりではないが、現状が辛いことには変わりないので目が死んだ状態はこれからも継続されていくことだろう。

面白いゲームにハマって関連商品漁ったりしている割にテンションが低いのはどういうことだ、倦怠期か

このままでは余りにも内容に乏しいので新しく描いた絵をひとつ
スイートデビル

自分の中の女子力をフル稼働させたら
軽くビッチな感じになりました。
胴体に気合いを入れるあまり顔が童顔だったり
靴すら履いてないですが、
久々にやりたいようにやれました。
前は男キャラで十二星座とか言ってましたが
やっぱりテンションが違います、
美少年は見て楽しむ派です
 
この間「俺プリ」の先輩がヤンデレすぎてとてもいい、という話をしたが、
その裏側で「白の檻」というアプリも同時進行でプレイしていた。
形態は同じようなノベル系ゲームで、一日にちょっとずつ進めるタイプだが
一話一話が金曜ロードショーの長編映画並みにブツ切りにされている+
ストーリーを進めるためのミニゲームのポイントが
えげつないほど貯めにくいせいで全員クリアするのに時間が掛かってしまった。
サクサクとベストエンドを見るためには課金する他ないようなシステム、
これが携帯アプリの恐ろしさか、と思ったが
課金しなければヒロインorイケメンが絶対に死ぬ、というデストラップを
前に見ているので、そこまで深刻なダメージは負わなかった。

思ったより割とガッツリBLしていたので、
ストーリー総評だの感想だのは畳んでおく。さりげなくネタバレしているので注意。



««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。