上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
前回のラフを元に、何とか仕上がり寸前まで
持っていけたので掲載します。
課題のひとつとして分厚いボードに描いて制作したので
スキャナーに収まりきれず、キャラクターのみ抜粋しました。
水彩色鉛筆を筆で溶かして塗っています。


あら

着物の裾に骸骨や蝶を描きましたが、思いきって切り取りました
手の目玉にハイライトを入れたら生々しい感じに

左向きの顔が苦手で、下書きの時より若干顔がズレています。
パソコンでの左右反転に頼らず、自力で何とかしなくては。
沼人魚もそうですが、和服にベルトという組み合わせが好きなようです。


じぃ

赤紫の狐耳、という変わった取り合わせの お人
元々の設定より髪の量を増やしています

下書きでは笑顔でダラーッとしていましたが、
描いていくうちに上半身を起こし始めました。
目を印象的にしたいな、と描き込み過ぎて
右目が潰れてしまったのが何ともはや

スポンサーサイト
 
ねこといぬ

そこゆくおじょうさんあそびましょ


『結ンデ開イテ羅刹ト骸』というボーカロイド曲が
一度聴いてから耳を離れず、
そのイメージで現在 描いているものです。
広く言うとパロディになりますが、
沼人魚以外の和風ものは珍しいので
気合いを入れて 取り掛かります。


 
わたしはわたし

スケッチブックから線画をスキャニングして、
はじめて塗りから完成まで持っていきました。

たまにはシンプルに白黒オンリーでいこうと
シルエット風に描いたものなのですが、
色分けをしているうちに色への欲が湧いてきて
気がつけば いつも通りに。
シルエットの少女たちがメインのはずなのに、
下部にいる謎の人物の視線が サムネイルでもキツい感じです。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。