上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
美しければ
勢いで描いた下絵。執事と何の関係もない絵ですいません。


姉が買ってきたのをきっかけにして 細かな衣装を目当てに見始めた「黒執事」、
最新7巻があまりにも気に入ってしまったので日記に書きます。
ネタバレ注意です。


スポンサーサイト
 
ヤクザキック

久し振りに新作です。
躍動感のある絵を描きたいと思って「蹴り」ポーズの資料を参考にしましたが、
肝心のデッサンが狂いました。

この双子は以前からちょくちょく描いていて

・短髪が姉、ツインテールが妹
・テーマカラー青
・仲が悪い
・セーラー服の鳥人

という設定があります。
現代モノも描けるようにならなくては、と作ったキャラクターですが
どこかズレている気が……

いつか、普通の服もチャレンジしてみたいと思います。
 
ヤンデレとは その6。


ロリータ・コンプレックスという言葉の元々の意味を考えた時、浮かんだものです。
少女特有の小生意気さとか、手玉に取られてるのではと錯覚しかける言い回しとか、
そういうものを表現したかったのですが、どうも上手くいきません。

孫に甘いお爺ちゃんのような、
少女人形と話している老人のような、
そういうイメージです。




 
ヤンデレとは その5。


相思相愛なのに、どこか陰があって ぁゃιぃ感じ。
そんなイメージで書いてみました。
添えた絵は本来、目から頭まで描いてあるのですが
表情が雰囲気にそぐわなかったので(元々コンセプトの違う絵ですが)
目線すれすれで切っておきました。

男性視点のつもりで書いて、添えた絵も人間にしたのですが
もしかしたら話中の"君"が飼っているペット(♂)なのかもしれません。


 
ヤンデレとはどんなものかしら4。

姫シリーズのネタが早くも尽きてしまったので
今回から「セリフのみで場面とヤンデレを表現してみよう」シリーズを載せていきます。
時間がなかったので、雰囲気だけ似ている絵を文章に添えましたが
現状が落ち着き次第 新しいモノに変えていきます。


……見直してみたら、これはヤンデレというよりツンデレ……?

 
ヤンデレとはどんなものかしら3。
「Portal」の裏ヒロインの立場のようなものを
端的にでも表現してみたかったのです。
シリーズものと銘打っておいて何ですが、
これは病んではいないんじゃ……という気もします。

今回は文に合う絵を用意していなかったので、
少し古いロボット風のものを張りつけました。
上半身のみのロボさんをたまに描きたくなりますが、
一体何のイメージだったのか 元ネタが思い出せません……
女ターミネーターのポスターでしょうか。
 
ヤンデレとはどんなものかしら2。

かなり前から考えていた話なのですが、
漫画化するだけの技術がないので停滞しています。
「リトルマーメイド」などの影響か、人魚は長髪で薄着なイメージが強いですが
短髪で厚着もアリだと思うのです。
 
めたふぁりか
真逆の二人が、同じ歌を奏でる。


「アルトネリコ2」の中の、ヒロイン二人が手を繋いで謳うシーンが
とても印象に残っているので、自分なりのイメージで描いてみましたが
衣装がイモいと言われました。
右の子の金髪具合が割と気に入っています。
 
独断と偏見による、書きとめただけの文章です。



 
書きためていたことが多すぎて三つも書いてしまいました

私自身、パズル要素を含んだゲームが苦手なもので
プレイ動画のみ観たのですが、
シンプルでありながら想像を膨らませる巧妙な作りになっていて
エンディングを迎えた後も色々と考えさせられました。
箱だというのに、コンパニオンキューブはやたら可愛く見えます。


ろぼこ

擬人化してみたら、常に逆さ吊りの状態で
全身ケーブルに繋がれているという凄まじい状態なんだなぁと
思った次の瞬間にはSaiを起動して描き始めていました。
こういう、危ういバランスを保っている人やモノに心惹かれます。


……いろいろ伝えたいことがあったはずなのに
いざ書いてみたらものすごく短い文章になってしまうのは何故でしょう。
 
ヤンデレとはどんなものかしら。

そんなコンセプトのもと書いた短文に絵をつけてみました。
描いておいて何ですが、もっと年上にした方がよかったかも知れません。
グロテスクなものではないのですが、雰囲気がアレなので畳んでおきます。
 
おいらん
京都弁(舞妓弁?)は素敵なものです

当時、CMを観て「おおっ!」と興味を惹かれた映画「さくらん」のイメージです。
映画そのものは結構アグレッシブでしたね。
原作も映画も、全体的な雰囲気がとても好きで
いつか、こういった時代の話を描いてみたいと思うのですが
着物などキッチリしたものを描くのが苦手なので、どうにも頓挫しています。
 
世の流れにも負けず 神絵師の多さにも負けず
テンプレにも 金太郎飴にも負けぬ 丈夫な世界観を持ち
意欲は衰えず
決して驕らず
いつも静かに努力している

一日に 絵描き講座と 少しの萌えサイトを見回り
あらゆる属性を
自分を勘定に入れずに よく説明文を読み 理解し
そして忘れず
田舎の駅の少し離れた小さなアパートにいて

東に萎えた人あれば 行って原因を確かめ
西に疲れた人あれば 行ってその肩の荷を負い
南に寂しい人あれば 行って萌えの素晴らしさを言い
北に喧嘩や 口論があれば 嫌いな面より好きな面を見よと言い

美しい絵を見た時は涙を流し
複雑骨折した絵を見たら どこがおかしいのか考え
みんなに絵師と呼ばれ
ほめられもせず 苦にもされず
そういうものに わたしはなりたい



なりたい 。 r2

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。