上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
前回紹介したダンガンロンパ2で非常に気に入ったキャラがいたので
およそ2年振りにダラダラと歪んだ萌えを語ろうと思う。
好きになったのは超高校級の幸運・狛枝凪斗。
近年まれに見る、背中に冷たいのが一本通ったキャラである。

例によって多くのネタバレを含むので、以降は畳んでおく。



スポンサーサイト
 
TVを点ける度、特に意味もなくバラエティ番組を垂れ流す日々が続き
なにか面白いアニメはないだろうか、といろいろ嗅ぎまわっていたら
『RED GARDEN』というアニメの存在を知った。

TV放送が2007年、OVAが2008年公開と かなり前の作品だが
OPを見た瞬間「なぜ当時知らなかったんだろう!」と後悔した。
曲のテンポといい、シルエット映像のカラフルさといい好みだったからだ。
これは期待、とワクワクしながら1話2話、と視聴していくうちに
乙女チックなムードなど皆無の超リアルな心理/人間描写に打ちのめされた。

それは私が、現実社会や現代日本で生きる少年少女を描写する系のアニメや漫画が
苦手を通り越して嫌いな部類の人間だからだ。
こちとら日々の生活で見失った夢や希望を求めて見に来ているのに、
画面の中のイケメンたちまでも死んだ魚のような目をしていては八方ふさがりだ。
イケメンや美少女が考えに考えて悩みを解決していく様も悪くはないが、
どうせなら善悪クッキリハッキリ、分かりやすく明快な答えを出してくれた方が
見終わった後スッキリする。

しかしこのアニメ、プレスコで声優の演技をアニメに投影しリアリティ満点な中に
少年少女がうまく日常を送れずモヤモヤ、悪役は悪役で試行錯誤を巡らせモヤモヤ、と
モヤッとボールを一億個投げても足りないほどのリアルな“面倒臭さ”を描写している。
あと、序盤は唐突なミュージカルなども取り入れている。

普段ならここで涙を呑んで視聴を止めるところだが、
話を追っていくうちに少しずつ『救い』の部分というか、良い点が見えてきた。

同じ不幸に見舞われた少女たちは肩を寄せ合い、少しずつ交流を深めていく。
が、リアリティ溢れる世界の中では、主人公補正などあってないようなもの。
少女たちが死んだとしても、世界は何も変わらない。
よくあるヒーロー&ヒロインが自分たちだけの世界に浸り、
勝手に地球や世間を巻き込んでいくのとはワケが違う。
そこを理解した時、何やらスカッとした。

また「ふつうの人間ではなくなった」と自覚した際の少女たちの反応も印象に残った。
最初はあまりのことに泣き崩れ、自暴自棄にすらなった彼女たちだが
自らの不幸を身内や友人にひけらかすような真似は一切しなかった。
言ったところで信じてもらえるはずがないから言わなかっただけとも取れるが、
不幸自慢大会が頻繁に開催され、もれなく同情を買う“ご都合主義”を
鼻で笑うような展開に胸が熱くなった。

ネタバレは避けるが、とにかくヒネた素晴らしいアニメだった。
本編終了後の世界を描いたOVA『デッドガールズ』は
恐ろしくベクトルが異なるコメディ寄りのストーリーになっていたが、
根っこのところが同じなので、ふとした瞬間
「あ、やっぱり○○なんだ」「変わってないんだ」と思えるシーンがあり
本編視聴後すぐOVAを目にしたせいもあってか
卒業式の五秒後に自分以外の同級生全員が中年になっていたかのような
言葉にしづらい複雑な感情を抱いた。
OVA版のオチは「何でそうなるんだろう」と真顔で考え込んでしまったが、
少女たちに実害はなさそうだったので深く考えないのが正解だと思われる。


一癖も二癖もある話だが、興味を持たれた方は視聴してみては如何だろうか。

 
新パソコンでXアプリ(ウォークマンのソフト)をダウンロードしようとしたら
残り時間2時間超え等といったトンチキなメッセージが表示されたので
暇を持て余しながら書こうと思う。


このごろカレー沢薫さんというマンガ家のファンになっている。


クレムリン(4) (モーニング KC)クレムリン(4) (モーニング KC)
(2011/11/22)
カレー沢 薫

商品詳細を見る


中古に一切置かれていない気がするレアなシリーズ。買う場合は新刊がオススメ


専門学校の応接室に置かれていたニアイズ第一話を見て、一瞬のうちに大好きになった。
どんなマンガかはリンク先を覗けば一目瞭然だが、簡単に説明すると
死ぬほどシンプルな4/6コママンガである。
登場シーンの八割は横顔の主人公(?)却津山春雄と10秒あれば描けそうな猫・関羽×3の
感動もハートフルも特にない淡々とした生活がつづられている。

絵はこれ以上簡略化させられないほど簡素、背景は気が向いた時に出るが基本的にほぼ無、と
画力至上主義者の方は素通り間違いなしのデキであり
内容もまた、静かなわりに殺伐としていて「一見さんお断り」感むき出し。
いったいどこへ向けたマンガなのか分からないが、とりあえず大衆向けの匂いはゼロ。

何だか壮大にディスっているような文面だが、このマンガの場合
下手に褒めるのも間違っていると思うのでこのまま進めさせて頂く。


上記のようなマイナス要素(見た人による部分が多いが)を踏まえたうえで、
それでも全巻揃えたいぜ畜生、と思わせる要因は
マンガ全体を覆う鬱蒼とした雰囲気、ストーリーを追っていたはずなのに
読了後に何も見ていなかったかのような虚無感が襲うことだろうか。

話が暗いというわけではない。
むしろ、常にやる気のない却津山が活動的なネコたちに引っ張られつつ
色々とトライしている場面が多いし、オチにも暗さはない。
だが暗い。圧倒的に暗い。
真夜中に電気を点けずに部屋の中で膝をかかえて笑うよりも暗い何かを感じる。

そんなどうしようもない違和感だとか矛盾は、
何の気なしに見た作者本人のブログ『猫痙攣』を見てから一気に氷解した。

絶望を胸に抱いたさくらももことでも言おうか、とにかく文章が面白い。
うっかり過去の日記までストーカー並みに網羅してしまうほど、
恨みつらみの念さえもジェットコースターのように読めてしまい
どうしようもなく私好みだった。
そして「ああ、これでいいんだ」と妙な納得をした。
絵など問題ではない、中身だ。中身を愛して止まないのだ。


素だと絶望を吐き散らしちゃうからなぁテヘペロ(この単語を日常会話に使う人がいて驚いた)
と思って崩れ気味の怪しい敬語一本でやってきた
私とブログの方向性を正してくれた、ありがたいマンガ&人物である。
いつか評価されるといいな、でも評価されないだろうな、という
矛盾した感情を抱きながらも、今後ともファンで居続けようと思う。


 

c

先日 外出先で見つけた「カラコレ まどかマギカ魔女コレクション」を
二つ購入したところ、目当てだった「人魚の魔女」と「お菓子の魔女」を
運よく引き当てることが出来ました。
予算の都合上コンプリートは難しいですが、
デザインが とにかく大好きなので大切に飾りたいと思います。




a

おまけ1:シャルロッテちゃん(中身)とメティス

両者とも黒いので、ちょっと埋もれました
メティスのお腹から出てきているように見えなくもないです

b

おまけ2:オクタヴィア(仮)ちゃんとメティス

オクタヴィアは元から台座つきで、
キャラそのものもカクカクした造形なので
非常に 抱っこをし辛いです

 

去年の秋頃からPSPゲーム
『初音ミク-project Diva 2nd-』で遊ぶようになり、
カラオケでボーカロイドシリーズの曲を歌う機会が増えました。
今回は その中でも、特に好きなものをご紹介します。

いろいろと迷った結果、癖の強い曲が揃いましたが
完成度の高いPVなども用意されているので、
ぜひ一度 視聴してみて下さい。













 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。