上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

日常が殺風景なこともあって、新しく買ったゲームを夜通しでクリアし
その直後また別ゲーを始めるという中毒者的なループ生活を送っていたら
ブログが四ヶ月止まるという惨事を招いてしまった。
新作の絵を描いてない訳ではなかったし、どうせならその時やっていた
ゲームの記録でも文章に残しておけばよかったのだが
あいにくと何も残っていない。廃人は何も残さないというが本当らしい。

そんなダメ人間なりに、ファンタジー一直線なBLばかりではなく
大人の女子力を磨かねばならないと思いたち、
乙女18禁PCゲー『いじわるMy Master』に手を伸ばした。
私が日ごろ関わらない萌え系の絵柄である。
ストーリーをざっくり説明すると、巨胸と存在感の薄さが悩みの女子高生が
突然魔界にトリップしてしまい、開始五分で人身売買などの被害に遭いつつも
何とか帰る方法を探すというもの。
タイトルだけで全部言っている気がしていたが、いざプレイしてみると
乙女ゲーというより男性向けに近いビジュアルの主人公の
屈強さと肝のすわり具合と場の流されっぷりに圧倒された。

日常パートでは角だの羽だの生えている奇怪な奴らが跋扈する魔界を
主人公・桜上水くるみ(この苗字のせいで家が893疑惑が抜けない)が
持って生まれた『美少女』『料理上手』という武器で
したたかに生きてゆく様子が丁寧に描かれるのだが、
18禁の18禁たるゆえんの恋愛パートに切り替わった途端
画面の八割が肌色で染まる。主に主人公が脱ぎまくる。
日常生活においてたくましさを見せていた主人公が
下ネタとなると借りてきた猫状態なので、ギャップ萌えとも呼べるだろうか。
攻略対象となるイケメンと同程度に主人公もスチル内で目立っているので
よくある感情移入系ではなく『桜上水くるみ』という女子の物語を
見ている感覚でやった方が楽しめると思う。

以下、いつものキャラクター評。ネタバレの嵐。
ついでにエンディング時の主人公の在り方が毎回細かく違うのでまとめて掲載。
意外と長くなったのでメインキャラと+二人のみ。

スポンサーサイト
 
すっかり広告が踊ることに定評のあるブログになってしまいましたが、
なんとか生きています。死んだ魚のような目もいつものことです。

じつは忙しさを補いうるだけの萌えを求めて、
年末年始にかけてヤンデレのかおりがする
PCゲームをまとめて注文し遊んでいました。
『コイビト遊戯』『MESSIAH』『咎狗の血』の三本です。
もはや息をするようにホモォですが、乙女ゲーや男性向けゲーの
ヤンデレに個人的にはあまり萌えないが故の選択です。どうしてすぐ命狙ってくるんだ。

ざっくり言うと
咎狗は「比較的正常な感覚を持った人が描いた殺伐系血みどろBL」
MESSIAHは「少女漫画の感覚を強く残したBL感の薄い耽美BL」
コイビト遊戯は「マジキチ7割ヤンデレ2割かりそめ青春1割のキツめBL」
といった感じでした。どれが一般的かは言うまでもない気がしますが
私が一番気に入ったのはコイビト遊戯です。
このゲーム、作画とシナリオ両方同じ人なんですが、文章がまた
ヤンデレに似合う湿った雰囲気の文で非常に心揺さぶられます。素敵。

自分の脳内をまとめる為にいつものキャラ評を作成しようと思いましたが、
一人強烈なほど好きになってしまったキャラがいるので
ひとまず彼だけ単独で書いておきました。ネタバレ満載。

 
後で書こうと思ってすっかり忘れていた鬼畜眼鏡キャラ総評再び。
ただれたおとなのBLゲームなので、苦手な方はスルーして頂けると幸いです。
 
前々からアプリとはいえヤンデレ系BLゲームに手を出し始めていたので
そろそろ何かやらかすだろう、腐り始めるだろうと
予知していた方もいらっしゃるかもしれないが
案の定タイトル通りのPC18禁ゲームをプレイしていた。
新しい四文字熟語として覚えられそうなインパクトのあるタイトル通り
まさに下種の極みな拷問シーンが続出するものと踏んでいたが、
美少年と全裸で朝チュン、という画期的な始まり方をしつつも
特定ルート以外は案外まともなストーリー展開だった。

『鬼畜眼鏡』が2007年、続編『鬼畜眼鏡R』が2009年発売と
少し前の作品ではあるが、有名なだけあって素直に面白かった。
聞くところによると未だ有志による薄い本が製造されているそうで、
それらを買い占める女子達の気持ちが理解できた気がした。

個性豊かなキャラクター揃いで、いろいろ思うことがあったので
ネタバレ満載で書き記しておく。いつもながらキャラ萌えが偏っているうえ、
想像より長くなったので今回は攻略対象キャラ四人のみ。
秋紀、Mr.R、主人公ズ(実質一人)はまた今度。
業の深い方のみ暇つぶしにご覧ください。

 
この間「俺プリ」の先輩がヤンデレすぎてとてもいい、という話をしたが、
その裏側で「白の檻」というアプリも同時進行でプレイしていた。
形態は同じようなノベル系ゲームで、一日にちょっとずつ進めるタイプだが
一話一話が金曜ロードショーの長編映画並みにブツ切りにされている+
ストーリーを進めるためのミニゲームのポイントが
えげつないほど貯めにくいせいで全員クリアするのに時間が掛かってしまった。
サクサクとベストエンドを見るためには課金する他ないようなシステム、
これが携帯アプリの恐ろしさか、と思ったが
課金しなければヒロインorイケメンが絶対に死ぬ、というデストラップを
前に見ているので、そこまで深刻なダメージは負わなかった。

思ったより割とガッツリBLしていたので、
ストーリー総評だの感想だのは畳んでおく。さりげなくネタバレしているので注意。



 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。